ベビーグッズのこと

Combi クルムーヴスマートについて徹底解説!Combi社員さんに聞いてみた!

クルムーヴスマート

こんにちわ!みさきです。

今回は、3月10日に発売になったCombiさんの新しいチャイルドシート

クルムーヴスマート

クルムーヴスマート

についてCombiの人にお話を聞いてきたので詳しく解説していきたいと思います。

これから赤ちゃんをお迎えする準備をしようとしているママさんやパパさん、

是非是非参考にしてみてください!

Combiさんがこだわったポイントを中心にしっかり紹介していきたいと思います。

チャイルドシート

 

赤ちゃんが生まれた産院からお家まで向かう際にお家の車で帰る時に初めて触れるものといえばこのチャイルドシートになってくる場合が多いのではないでしょうか?

赤ちゃんのものを揃えている中でお金がかかるものといえば、このチャイルドシートもお金のかかるものの1つですよね!

だから失敗したくない!でも、車に赤ちゃんを乗せる際に赤ちゃんの安全を守ってくれるものだからしっかりしたものを選びたい、と思ってる人が多いのではないでしょうか?

今回紹介するこのチャイルドシートはそんなママさんやパパさんの希望をしっかり叶えてくれるのではないかと思います。

 

クルムーヴスマートのこだわりポイント

今回、新商品であるこのクルムーヴスマートにはたくさんのこだわりポイントがありました。

  • 1秒タオル
  • ラクチンタッチ
  • ココチエアー
  • スリープシェル
  • エッグショック

このこだわりポイントのことを中心に詳しく解説していきたいと思います!!

 

1秒タオルについて

あなたは1秒タオルというものをご存知でしたか?今回のシリーズ全てに採用されているものなのですが、1番最初に店員さんがこだわりのポイントとして教えてくれたのがこの1秒タオルについてでした。

1秒タオルとはどんなものなのでしょうか?

 

1秒タオルのこだわりポイント

この1秒タオルは、Combiさんの商品ではありません。

ホットマン株式会社という会社が開発したタオルなんです。今回はこのホットマンさんの1秒タオルとコラボレーションした商品ということになりますね。

しかも、Made in Japanではなく、Made in 東京と言われるほどのこだわりぶりなんです!

こだわりのポイントは、

高い吸水性にあります!!詳しく見ていきましょう!!

 

1秒タオルの吸水性について

高い吸水性は、1秒タオルの由来にもなっているのですが1センチ角のタオル片を水の中に落とすと、

通常のタオルで10秒今治タオルで5秒なのですがこのタオルは1秒で沈むほどの吸水力の良さがウリなんです!!

 

通常、チャイルドシートにはタオル地などの燃やすいものは使われないのですがこの吸水力の良さから今回クルムーヴスマートには採用されています。

 

そして赤ちゃんはとにかく汗をかきやすいです。この吸水性の良さで赤ちゃんの汗をしっかりキャッチしてくれるのが魅力的ですよね!!

 

その他の1秒タオルのポイントは?

今回、クルムーヴスマートの1秒タオルは白のものが使われています

通常赤ちゃんのものに使うものは白いと汚れが目立ってしまったりするので嫌がるママさんも多いかと思います。

しかし、今回Combiさんはあえて白いものを使われています。どうしてかというと・・・

・赤ちゃん、特に新生児の間は吐き戻しが多い時期になります。この時にママさんと2人でお出かけしているのであれば赤ちゃんが吐いてしまっても運転中の際はすぐに確認することができません。

もし、赤ちゃんに何か異常があって吐き戻しの中に血などが混ざってしまっていた時に汚れが目立たないとそれに気がつくことができません。それはもしかしたら赤ちゃんの体調をさらに悪くなってしまうことにもつながりかねないので今回はあえて白いものを使っています。

とCombiの社員さんが教えてくださいました。

もちろんお洗濯できますし、シートの変えだけの販売もしています!!これは替えを用意しておくべきなのかもしれませんね・・・・・

 

そしてこのタオルは作られる際に良質な地下水でなんども洗ってくれており、不純物をしっかり取り除いてくれています!肌が敏感な赤ちゃんに使うタオルには嬉しいですよね!!そして肌触りも気持ちいいのです!!

 

1秒タオルのおすすめポイントまとめ

 

・高い吸水性で赤ちゃんの汗をしっかりキャッチ!!

・あえて白いタオル地を採用して赤ちゃんの吐き戻しの異変もしっかりわかる!!

・made in 東京でこだわり抜いて作った肌触りの良さが自慢のタオル!!

・良質な地下水で何度もしっかり洗い不純物を取り除いた赤ちゃんに安心素材!!

 

ラクチンタッチについて

他にCombiさんが特にポイントとして教えてくれたのがこの

ラクチンタッチ」についてでした。

ラクチンタッチとは、今回のチャイルドシートについている回転の操作性なのですが

今までのシートの回転とは比べものにならない扱いやすさです!!

詳しく見ていきましょう!!

 

ぽちっとターンとぽちっとリクライニング

今回、シートの捜査を楽にしてくれているのがこの2つのボタンです。

赤ちゃんがのるシートの足元にあるのですが、なんとボタンを押して軽々回転とリクライニングが可能なのです!!

実際私も回転式のチャイルドシートをすでに購入済みなのですが、それに比べても驚きの操作のしやすさと軽さでした!!

回転に至っては、従来や他者さんのチャイルドシートに比べてある程度の角度なら固定されるので90度でなくても赤ちゃんを乗せたりおろしたりといった動作が可能ですし、

赤ちゃんのねんねの体勢ならシートを360度回転させることも可能です!!

そして、リクライニングは3段階まで可能にっており、こちらも軽くて操作性がとってもよかったです!!

 

スリープシェルについて

他の製品にも使われているスリープシェルですが、今回このクルムーヴスマートにも採用されています!

静かな夜を車の中でも。

引用:Combi

というコンセプトのこのスリープシェルですが刺激に敏感な赤ちゃんを守ってくれます。

基本的に新生児の間の赤ちゃんはねんねの体勢でいることが多いですよね?

ねんねの体勢というのは大人が思っている以上に光を感じることに敏感です。窓から差し込む日光も、ねんね体勢の赤ちゃんにとってはかなりまぶしいものです。

チャイルドシートにシェルをつけることで赤ちゃんの睡眠を妨げる光を軽減し、さらに車内の音(走行音や車内音)も軽減させることができます。

遮光率はおよそ99。9%を誇る生地が使われており、赤ちゃんの肌を紫外線から守ってくれる効果も期待できます。

 

のびーる空間について

Combiさんの回転式チャイルドシートは、今回のクルムーヴスマートが最小のサイズになちました!

パンフレット

お店でこんなパンフレットも貰いました!実物大のシートになっていて実際車の中で広げると大体のチャイルドシートの大きさがわかるようになっています!

コンパクトカーに乗せても、運転席から後ろを確認するのにパパの運転の邪魔をしないサイズになっていて、横に乗っているママの座席のスペースも圧迫しないサイズ感になっています。

コンパクト設計ですが、対象年齢は4歳までと長い期間使えるものなのでコスパも安心。

座って乗ってもらう体勢には背もたれが8段階も伸びる設計になっており子供さんの成長に合わせて背もたれを伸ばすことが可能です。

また、伸ばす操作も背面のつまみをつまみながらスライドさせるだけなので簡単です!

 

すーすーファンについて

赤ちゃんは最初に書いてもありますが、本当に汗っかきです。車の中の後部座席というのは空調が届きにくく夏場などは特に暑くなってしまいます。

赤ちゃんの車の中での環境を考えて作られたのがこの「すーすーファン」です。

赤ちゃんの足元につけられたこの機能は、シガーソケットに電源を差し込むとファンが稼働し、チャイルドシートに空気を流すことができます。

流れた空気は本体に取り付けられたメッシュシートと通気口に流れ、赤ちゃんのシートの中での環境をより心地のいいものにしてくれています。

さらに、

 

・15分のオートOFF

・2段階の風力調節機能

 

がついており、消し忘れや風の調節も可能になっています。

 

エッグショックについて

Combiさんといえば、忘れてはいけないのがこの「エッグショック」ですよね!!

卵を落としても割れない衝撃吸収力で赤ちゃんの頭などを守るこの機能ですが、今回はこのエッグショックがすべてのシリーズに採用されています。

しかも、頭部だけでなく背面や頭部のパッド部分にもすべて類ている徹底ぶりです!!

赤ちゃんとのお出かけで車に乗る時の不安は衝撃から赤ちゃんをチャイルドシートが守ってくれるかですよね!

チャイルドシートの安全性にさらにこのエッグショックが加わっているので安心が増していますよね!!

まとめ

コンビ説明

いかがでしたか?購入の際には必ずどのタイプを購入するか確認してから選びましょう。

ついている機能も様々で、それによって値段も異なります。

 

今回はCombiさんから新しく出たチャイルドシートクルムーヴスマートについてまとめてみました。いろんな会社からたくさんチャイルドシートが出ている中で、考えられているパパさん・ママさんがいらっしゃいましたら是非是非参考にしていただきたいと思います。

今回は私が実際にCombiさんから聞いたことや、お店で商品を触ってみた感想を合わせて書いていますが、ぜひ購入の際には一度お店に足を運んで実物を触ったりしてみてくださいね。

買うものがたくさんある中で、チャイルドシートは高価なものを言えるので後悔しないように選んでいきましょう!!

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。