子供のこと

今更聞けない!赤ちゃんの肌着について(枚数と室内の服装編)

裸の赤ちゃん
裸の赤ちゃん

こんにちわ!みさきです。

今回は前回の「今更聞けない!赤ちゃんの肌着について(肌の特徴・種類について)」の続きでサイズについてと肌着の必要な枚数や季節ごとの室内での服装についてのお話をしていきたいと思います。

 

初めての赤ちゃんの服を購入!

みなさんは赤ちゃんを迎える準備は楽しんでいらっしゃいますか?私もなんやかんやでやっと揃ってきました!少し安心しています。

赤ちゃんの肌着の種類がわかったら次はどのサイズを買えばいいかですよね?

しかも、赤ちゃんの成長は早いと聞いたことがありますか?

実に赤ちゃんは生まれてすぐはおっぱいと寝るの繰り返しで1ヶ月に1キロほど体重が増えるそうです。3ヶ月にもなると体重は生まれた時の倍にもなるそうです。

ではどのサイズを最初に購入してそれは何ヶ月まで使うことができるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

赤ちゃんの肌着

最初に準備するベビー服のサイズは?

ベビー服サイズ表 

出典:パピマミ

ベビー・子供服のサイズを表にするとこのようになります。

 

実に最初に購入する新生児用の服は一般的に3ヶ月しか使えないことになりますよね!?

これはかなり成長が早いのではないでしょうか・・・

なのであまり多く準備しすぎてしまうと出番のないままに着せることができなくなってしまう服がでてきそうですよね(汗)

 

なので厳選して購入しなくてはいけません。

でも、冬生まれの赤ちゃんには防寒のために重ね着用の服を購入しないといけないですし、夏生まれの赤ちゃんには汗っかきの赤ちゃんのために肌着の着替えを多めに用意しないといけないですよね!!(汗)

 

もちろん表はあくまで目安なので全くこの通りになるとは限りません。赤ちゃんの成長が早ければそれに合わせて服のサイズも替えてあげてください。
赤ちゃんの肌着

肌着は最初に何枚用意するべき?合わせ方は?

では、最初にどの肌着を何枚用意するべきなのでしょうか?

これは赤ちゃんの生まれた時期によって変わってきますので、季節ごとに見ていきましょう。

 

春生まれ(3〜5月生まれ)、秋生まれ(9〜11月生まれ)の赤ちゃん

 

朝晩はまだまだ寒さが残りますが、日中は暖かくなって過ごしやすくなる季節です。室内では肌着やアウターなどで体温調節をしてあげましょう。用意する枚数の目安としては、

  • 短肌着         5〜6枚
  • 長肌着         1〜2枚
  • コンビ肌着       4〜5枚
  • ボディースーツ     2〜3枚
  • 2ウェイカバーオール  2〜3枚
  • カバーオール      1〜2枚

となります。

 

服装の基本:暖かければ、肌着1枚+薄手の長袖1枚

涼しい時は、さらにカーディガンやベストを1枚足してあげましょう。

 

 

 

夏生まれの赤ちゃん(6〜8月生まれ)

 

夏生まれの赤ちゃんには気温が高いためにこまめに肌着を替えてさせて、清潔を保ってあげましょう。

しかし、室内では冷房を効かせていることもあるかと思いますので赤ちゃんの体温が下がっていないかこまめにチェックして重ね着をさせてあげるなどの体温調節をしてあげましょう。

  • 短肌着     5〜7枚
  • コンビ肌着   4〜5枚
  • ボディースーツ 2〜3枚
  • 2ウェイドレス 2〜3枚
  • カバーオール  1〜2枚

 

準備してあげるのはこれぐらいかと思います。室内の気温が高くエアコンも効いていないなら、赤ちゃんには短肌着1枚でも大丈夫でしょう。

服装の基本:半袖の肌着1枚+半袖の上着1枚

 

 

冬生まれの赤ちゃん(12月〜2月生まれ)

 

冬はやはり寒いので、肌着などを重ねて体温調節してあげてください。

もちろん、暖房は効かせているかと思いますのでこまめに赤ちゃんの様子を見てあげてくだいね!

  • 短肌着     5〜6枚
  • 長肌着     2〜3枚
  • コンビ肌着   4〜5枚
  • ボディースーツ 2〜3枚
  • 2ウェイドレス 2〜3枚
  • カバーオール  1〜2枚

パターンはたくさんありますが、

 

基本の服装:短肌着2枚+長袖の上着1枚

短肌着1枚+薄手の上着1枚+カーディガンやベスト

短肌着1枚+厚手で長袖の上着1枚

 

こちらの服装をだいたい基本として、その時の室内の温度を考えて替えてあげてください。

 

 

赤ちゃんの肌着

まとめ

 

いかがでしたか?
今回は赤ちゃんの肌着の必要な枚数と室内での服装についてまとめてみました。
まだ言葉を喋ることができない赤ちゃんの寒さや暑さを気にして服装を気にするのは大変かと思いますが、
慣れてくるとできるのかなと思います。
暑い季節や寒い季節生まれの赤ちゃんのお母さんは特に大変かと思いますが、頑張りましょう!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。