子供のこと

入院準備 これがあってよかったもの

赤ちゃんの足
赤ちゃんの足

こんにちわ!みさきです。

私もあと少しで9ヶ月には入るので入院の準備を始めました。

いろんな雑誌やネットを見て色々見ながら準備をしていますが、

荷物が多くなりすぎてしまって本当にこんなにいるのかな?

など考えています。なので私が準備をしていた経験を踏まえて書いていきたいと思います。

病室

入院準備 何から始めたらいいの?

入院準備については調べれば調べるほどいろんなことが書いています。

なので何から始めていいのかわからなくなりました・・・(汗)

なので準備を始める前にしていけばいいのでしょうか?

 

準備を始める前には産院にもらえるものを確認!

私は準備を始めたのは7ヶ月入った時でした。産院からもらえるものは事前に分娩予約をした時点でプリントに記載されてあったので、それを参考に準備を進めていました。

そのあとに母親学級に行きました。確か8ヶ月に入った頃だったかと思います。

その時に入院の際にもらえるものについても細かく説明がありました、その時に説明があったものはもらったプリントよりかなり多くのものがもらえるイメージでした。

買ってしまったものもすでにあったので、かぶってしまったものが多少ありました

なので、まず準備の前には産院にもらえるものはしっかり確認することをおすすめします。もし、何か紙面でもらえるものの一覧があったとしても確認をしっかりすることをおすすめします。

 

入院中に必ず用意しておくべきもの!

産褥ショーツ
・産褥ショーツ

股の部分がマジックテープになっていて寝たままでも悪露や傷のチェックができるのもです。ただし、これは産院からもらえる場合がかなりあるみたいです。私の産院でももらえることがわかりました(買ったあとでしたが・・・・笑)何枚必要かは時と場合によりますが、友達などに話を聞いていると2枚ほどあれば十分だったそうです。産院でもらえるのも2枚とのことでした。

 

・ストロー付きのペットボトルの蓋

これはよくあると言われていますが、寝たままでも水分補給ができますし陣痛の間は起きるのも辛いのに喉はかなり乾いてしまうそうです。ご主人に水分補給の手伝いをしてもらうのも簡単です。100円ショップにも売られていて手に入りやすいのでぜひ購入しておいてください。

 

・円座クッション

出産の際に多く行われる会陰切開、出産後に痛みが出てくるとかなり聞いています。椅子なんかに座るだけでも傷に当たって辛いとも聞きました。なので円座クッションを用意しておくと傷に当たらず椅子に座ることができるので便利とのことです。ちなみに私の出産予定の産院では個室でも大部屋でも1人につき1つは必ず用意されているらしいです・・・

授乳クッション
・授乳クッション

これも出産してから出ないとわかりませんが授乳の際にはお母さんの胸の高さまで赤ちゃんの頭が来るように作られている授乳クッションがかなり役に立つそうです。腕の負担が軽減されるのだとか・・・・私は抱く枕と授乳クッションが一体になっているものを買っていたので新しく購入はしていませんが、これも私の産院には用意されているとのことでした(笑)

 

・母乳パッド

お母さんのおっぱいは赤ちゃんが吸った時から出始めて、多いお母さんだと吸われていないと溢れてきてしまう時があるそうです。溢れたおっぱいが服や下着にしみてしまうのを防いでくれる母乳パッド。最初からみんな多くでるわけではありませんが、退院後も使うことができるので用意しておいて方がいいかもしれません。(これももらえるそうです涙)

 

・授乳口つきのパジャマ

やはり、授乳するのに楽ですし最初は授乳にも慣れていないので一苦労かと思います。なのでやりやすい服がいいのではないでしょうか?それに入院中はパジャマで過ごすことになるので気に入ったデザインのものを選ぶようにしましょう。人がきた際にもパジャマで会うことになります。あと私の産院からは膝丈まであるものを1つは用意しておくようにとの指示がありました。検診の際にはズボンを脱ぐことになるのでその方がいいそうです。

まとめ

いかがでしたか?今回は入院準備の時にあると便利と先輩ママたちがあると便利と言われているものをまとめてみました。

産院によっては授乳クッションや円座クッションは数に限りがあるところもあるとのことなので確認はしっかりしておく必要があります。入院の際に必要なかったからといって退院してからも使えることが多いので無駄にはなったとは思いませんが・・・

入院の準備は意外と荷物が多くなってしまって大変だと思いました。クッションの類なんかは持っていく必要があればもっと荷物が増えてしまいます。準備をしておくことは大切ですが、持っていく荷物は減らしておいた方がいいに越したことはないと思います。

しっかり準備をして旦那さんにもいざという時に伝えておくようにしましょう。そして必要ないと思って持っていかない荷物も旦那さんにも説明をしておいていざという時に持ってきてもらうことができるように準備をしておくといいでしょう。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。