子供のこと

流産とは?妊娠初期に起こる流産の可能性はどれくらい?

悲しむ女性の背中
妊娠検査薬

こんにちわ!みさきです!

今回は、流産についてお話ししたいと思います。

妊娠を意識するようになって、流産についても安定期に入るまだはよく調べていました。

流産とは?流産の可能性や原因は?
妊娠を意識する前は、流産になると具体的に考えたこともなくて確率や可能性はさほど高くないものだと思っていました。
しかし、調べてみると実に妊婦さん全体の約15%が赤ちゃん自身やいろいろな理由で流産になると知りかなり驚きました。

流産とは?

流産とは、妊娠22週に至らない妊婦さんの妊娠が終わってしまう状態のことをを言います。

流産には、人工的に流産を起こす「人工流産」とそれ以外の自然に起こる「自然流産」とに分かれます。自然流産の約80%12週までに起こる初期の流産です。

 

流産の原因とは?

流産の原因の多くは赤ちゃんに原因にあると言われています。

受精卵の染色体異常が原因と言われており、これはお母さんにはどうしようもありません。受精した段階で、流産することが決まってしまっていると言えます。

私も、実は「化学流産」というものを経験しています。これがどんな流産なのかは後で説明しますね。

流産にもカウントされないものですが、その時はかなりショックを受けてしまって夫婦で落ち込んでしまったのを覚えています。

でも、どうしようもないことなのでママはあまり自分を責めないでくださいね

 

流産の確率は?

今では順調に妊娠期間を過ごし、妊娠後期に差し掛かっている私ですが妊娠がわかって初めて産院に行った時助産師さんと先生に言われたことは、

まず「よかったね〜おめでただよ〜」の言葉と

「でも、まだ流産の可能性のある時期だからまだまだ油断できないからね?妊娠がわかってすぐにこんな言葉をいうのもなんだけど10人に1人は流産するって言われてるからね。」

という言葉でした。

流産の可能性がそんなに多いとは全く知りませんでした・・・

では流産の可能性はどんな場合に上がってしまうのでしょうか?

年齢と流産の可能性

高齢出産にはリスクがあるのはご存知の方も多いかと思います。

それは出産だけでなく妊娠継続についても一緒です。年齢と流産の関係性はどうなのでしょうか?

年齢と流産の関係グラフ

出典:mamanoko

やはりグラフを見ても年齢が上がるとともに流産の可能性も高くなってしまうようです。

 

流産と週数の関係は?

では、次は週数と自然流産の関係性についてです。

私も、赤ちゃんの心拍を確認するまでは安心できない。ということは知っていてので1度目の検診から2週間後の検診までかなりドキドキしていました。

妊娠週数と流産の関係

出典:プレママタウン

心拍を確認できるのは6週以降です。個人差がありますが、だいたい8週ぐらいまでが目安になります。私自身も心拍の確認ができたのは7週5日の時でした。

このグラフを見ても、4週〜7週までの自然流産の確率がもっとも多いです。

ここからもわかるように心拍数を確認するまでに自然流産になってしまったという結果です。

 

心拍確認までに気をつけるべきこと

もちろん心拍の確認前に流産してしまうのはママのせいではありません。

なので何を気をつけても流産してしまうのは避けられないかもしれませんが、

自分を攻める理由は一つでも減らしておきたくないですか?

なので心拍を確認できるまでの間(妊娠初期の段階)、気をつけるべきことをまとめておきますね!

下半身を冷やさない

妊娠している・していないにかかわらず冷えは女性の大敵です。

この時期はもっと大切です。体が冷えると新陳代謝も落ちてしまいホルモンの分泌が悪くなってしまいます。また、子宮や卵巣も冷えの影響を受けやすいのでしっかり温めて冷やさないようにすることが大切です。

 

ストレスをためないこと

胎嚢が確認できてから、心拍数が確認できるまで神経質になってしまうのは私もかなりわかります!!

でも、あまり考えすぎてストレスをためないでください。直接結びつくかははっきりとは言えませんが、ママのストレスは赤ちゃんにとってもいいものではありません。

妊娠初期だけでなく、妊娠期間は総じてストレスをためないようにしてください。

 

食生活に気をつけましょう

妊娠がわかったら、食生活には気をつけてください。カフェインの取りすぎにも気を使い始めましょう。

まだつわりも始まっていない方が多いですし始まってしまったら好きなものを食べることができなくなってしまう人が多いので今のうちに栄養のあるものや好きなものを食べましょう。

この時期の赤ちゃんは赤ちゃん自身の栄養で育つところもあるのでそこまで神経質になることはありません。

 

薬にも注意しましょう

妊娠期間中は自己判断で薬を飲むのは避けてください。

妊娠に気がついたら薬を自分の判断で飲むのは避けましょう。

基本的には産科の先生に確認してから飲むようにしてください。

 

 

まとめ
いかがでしたか?今回は妊娠初期に起こる流産についてまとめてみました。
流産することは妊娠を望むママさんにとっては本当につらいことですよね?
でも、妊娠初期の流産は本当にママさんのせいではなく
赤ちゃんが生き残る力が足りなかっただけなのです。でも、妊娠をすることができたということはあなたには妊娠する力があるということです。
一緒に幸せな妊娠・出産ができるように頑張りましょうね。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。