子供のこと

赤ちゃんのベビーカー 気をつけるべきポイントは?季節ごとの注意点とは

赤ちゃんとのお出かけには抱っこ紐やベビーカーを使うことが多いかと思います。

今回はそんなお出かけの際にベビーカーで気をつけておきたいポイントをまとめました。

楽しい赤ちゃんとのお出かけに便利なベビーカー

お散歩に行ったり、お買い物に行ったりと赤ちゃんが成長するとお外へのお出かけの機会は増えてきますよね?

 

季節によっては寒かったり・暑かったり、免疫がまだしっかりとできていない赤ちゃんはウイルス対策や防寒・熱中症対策など心配になりますよね?

 

ベビーカーに乗っている赤ちゃんはどんな気分で乗っているのか、お喋りができない間は

 

聞くことはできないので、気分が悪いなら泣いてくれますが何が嫌なのかわかる時とわからない時があるかと思います。

 

では、せめてベビーカーを使う際の注意点を知っておくことができれば事前に対策を立てられますよね?

 

では、季節ごとの注意点を見て行きましょう。

 

 

夏・暑い時期に気をつけたい注意点

赤ちゃんが乗っているベビーカーは、地面からの距離が近いのでアスファルトなんかの

 

照り返しによって赤ちゃんはかなり暑い思いをしていることになります。

 

また、コンパクトなベビーカーは熱がたまりやすく外気温よりも4〜6℃ほども

 

暑くなってしまうそうです!!

 

ただでさえ暑いのに熱中症や脱水症状になりやすくなってしまい、危険です。

 

では、暑い時期にできる対策を見て行きましょう。

 

照り返し防止のシートをつける
アスファルトの照り返しから赤ちゃんを守ってくれる、ベビーカーの
照り返し防止シートが便利です。
出典:サントレーム
対応しているものとそうでないもの(A型・B型用)があるので、購入する際にはしっかり確認しましょう。
外して折りたたむとコンパクトになるのもいいですよね!
物によりますが、比較的値段もお手頃です。(見てみると1,000〜1,500円ほど)
お出かけ前にしっかりと授乳をしましょう
暑い季節は脱水症状が気になります。
大人も水分が必要なように赤ちゃんもしっかりミルクをあげてください。
なかなか飲んでくれないときは、授乳ができるようにしっかり準備をしてあげてください。
お出かけは時間帯を選んであげましょう
お出かけする際は、日差しが比較的優しい朝や夕方を選んであげましょう。

ベビーカー自体にも、紫外線対策にサンシェードがしっかりついたタイプや、

 

 

風通しの良いメッシュ素材をつかったもの、

 

 

照り返しの熱を和らげる高さが変えられるものもあるので、

 

 

ベビーカー自体を購入する際に、選ぶ基準にしてみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

寒い時期に気をつけたい注意点について 寒さ・風邪など

 

では、寒い時期にはどんな対策をしていけばいいのでしょうか?

 

防寒対策はもちろんのことですが、寒い時期のベビーカーに乗っている

 

赤ちゃんは歩いている大人となにが違うのでしょうか?

 

保温シートを使い、寒さ対策!
先ほどの照り返し防止のシートの今度は保温できるバージョンのものもあります。

出典:丹平製薬

 

保温シートは専用の保温材使い、保冷シートとしての機能がついているものも

 

かなりあります。

 

ポケットがついていて、そこに保冷剤を入れれば保冷シートにもなったり、

 

ベビーカーだけでなく、抱っこ紐やチャイルドシートに兼用で使えるものもありますので

 

色々便利かと思います。

 

着るものなどでしっかり対策
寒さ対策の基本はやはり赤ちゃんの着るものですね。
肌着からしっかり着せてあげるのはもちろんですが、帽子や靴下・ブランケットなどで
しっかり寒さ対策をしてあげてください。
また、こまめに赤ちゃんの顔や手足を触ってあげて冷えすぎていないかを確認してあげてください。
いかがでしたか?
私たち大人といる高さの違う赤ちゃんはそれだけで感じている気温などが違っていたりします。
こまめに赤ちゃんの様子を確認しながら楽しくお出かけしましょう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。