家づくり

土地選びは最初の重要ポイント 選び方次第で諸経費に大きな差が!?

アイキャッチ

こんにちは!みさき(@mareblo_misaki)です。

お家選びについて、まず具体的な話に入って行く前に考えることは

  1. どこに依頼して建ててもらうか
  2. どこに家を建てるか

ですよね。

今回は「土地選びについて」お話をしていきます。

家を建てる際にとっても重要なことですが、失敗して土地を選んでしまうと

家を建てるだけでなくそのほかの諸経費まで大変な金額になってきてしまいます。

そんな土地選びの注意点についてまとめて見ていきましょう!

土地選びは最初の重要ポイント

写真
みさき
みさき
マイホームだ!どこに家を建てようかな
あき
あき
入れたい条件はたくさんあるけど、しっかりその土地のことを調べてから決めないと!

家を建てる際には、まず立地条件が思い浮かびませんか?

  1. 駅から近い土地がいい
  2. 職場への通いやすさを考えたい
  3. 公園やスーパーなどが多い
  4. 治安がいい

など周辺の条件を気にしてしまうのはもちろんですが、

土地選びを失敗しないためにはその土地についても考えることが重要です!!

土地選びは最初の重要ポイント 家を建てるまでにも費用がかかる・・・

写真
みさき
みさき
土地を買ったらそのまま家を建て始めるんじゃないの⁉️
あき
あき
家を建てるまでにも、たくさん準備することがあるねんで❗️

その土地を購入し、家を建てることになったはいいですが家を建てるまでの作業があります。

もちろん請求書には書かれていますが、後から「これにもお金がかかるならこの土地にしなかったのに・・・」

とならないように、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

家を建てる準備にかかるお金

では、例えばどんなことにお金がかかるのでしょう?

大まかに説明すると

  1. 現在建っている家の解体にかかる費用
  2. 敷地調査
  3. 地盤改良
  4. 水道を引く工事
  5. ガス・給排水の引き込み工事

などがあります。

ではそれぞれを詳しく見ていきましょう。

現在建っている家の解体にかかる費用

その土地で家を建てることを決めた際に、

まだ前の家が建っている可能性もあります。

リフォームならいいのですが、新築となるとその家を解体するのにもお金が必要になってきます。

だいたいの計算になってはきますが、

木造30坪の住宅を解体するとして合計金額はだいたい150万円程度必要になってきます。

解体に当たっては近隣の住民にも挨拶や、迷惑をかける旨を伝え手土産なども用意することが多いのでその費用も必要になってきます。

敷地調査

名前の通り、その敷地について法的なことや地盤の状態などを調べるものです。

これは必ず必要になることなので避けることはできませんが

この調査には10〜15万円程度の費用がかかってきます。

地盤改良

敷地調査でその土地の地盤が弱かったりすると、地盤改良工事が必要となります。

それを怠ると

  • 地震の際に液状化現象を起こして建物が倒壊する
  • 時間の経過により地盤沈下を起こす

などのリスクが高まってきます。

費用は数十万〜百万円程度必要になりますが、家の強度や大きさによって変わります。

もちろん断ることもできますが、家は財産でもあり家族を守ってくれる大切なものです。

説明を聞いて納得できなければ、納得するまで何度でも話を聞いてみてください。

近隣にお話を聞いてみるのもいいでしょう。

必要と言われることが多いですが、安易に断ることは禁物です。

水道を引く工事

お家を新築する際には様々な工事が必要になってきますが、

水道を引く工事もその中のひとつです。

費用は水道メーターの経口サイズによっても様々ですが、安ければ3万円〜40万円程度かかるものもあります。

水道は都道府県や市町村によっても金額などの精度が様々なので、

よく確認しておく必要があります。

ガス・給排水の引き込み工事

こちらも、新しく家を建てる時には必要な工事になってきます。

家の敷地内に本管からガスや給排水を引き込む工事で、

家の本体工事費用とは別にかかってくるお金です。

工事はその家を建設する自治体が行うことが一般的で、

金額は場所によって異なりますが、30〜60万円程度必要になってきます。

土地自体にかかる費用以外にもたくさんお金はいる・・・

ここまでが土地を購入した際にかかる、

土地代金以外のお金です。

その土地によってかかるものとかからないもの・・・・

でも、省くことがなかなかできない困ったお金です。

そのほかにも、土地の形・特徴によって必要になってくる緒経費などは

  1. 土地への入り口が狭い時にかかる、工事車両の駐車場代
  2. 近隣のお家へのご挨拶や菓子折代

などがあり、

土地の前面道路が狭い・駐車できないなどの条件があると

その工事車両を駐車する場所にかかるお金も必要ですし、その分資材などを運ぶ人件費や手間賃なども余計に必要になります。

また、近隣のお家などは工事が始まると日中は工事の音を聞いていることになってくるので

引っ越したあとのご近所付き合いを険悪なものにしないためにも

必ず挨拶はしておきましょう。

その時にかかる菓子折代などは、近隣の家の多さにもよるので

お金を用意しておく必要があります。

土地選びのポイントは立地条件だけに囚われないこと

写真

家を建てる時に、最初に考えるのは依頼先と土地選びですよね。

もちろん立地条件も大切なポイントにはなってきますが、

それ以外にもかかる費用が土地によって違うことを頭に入れておくことで

諸経費を抑えることができます。

立地条件と諸経費のバランスなどもしっかり視野に入れて

素敵な土地を購入してくださいね‼️

おちび
おちび
最後まで読んでくれてありがとうございます。ブログの更新情報などはTwitterでも発信しているので、よかったらフォロー(@mareblo_misaki)してね♫