子供のこと

クアトロ検査ってどんな検査?

お父さんとお母さん


こんにちわ!みさきです。

あなたはクアトロテストってご存知ですか?妊娠初期の間に赤ちゃんに異常がないか、血液検査をするテストなんですが、今回はそれについて書いていきたいと思います。

 

クアトロテストってどんなテスト?何がわかるの?

妊娠したことを喜んで、心音を確認できたら一安心しますよね。

でもそのあとから出産までに不安になってくるのは赤ちゃんがちゃんと健康で生まれてくるかどうかではないでしょうか?

まず不安になるのは、私はダウン症などの疾患でした・・・でも、特に年齢もまだ20代だったので私自身は検査をしようとは考えていませんでした。

クアトロテストでわかるのは

  • ダウン症
  • 18トリソミー
  • 開放性神経管奇形

などです。

カルテ

クアトロテストって何?

クアトロテストは母体血清マーカーテストと言われている検査のことです。

妊婦さんから採血した血液中の4つの成分を測定して、赤ちゃんがダウン症候群、18トリソミー、開放性神経管奇形である確率を算出するスクリーニング検査です

引用:LabCorp

私が検査を受けたのは15週の時でした。実際受けることができるのも15週からだそうで、21週までに受けないといけないとのことでした

受けないといけない期間がある理由は、助産師さんいわくもし赤ちゃんに何か疾患が見つかった場合堕胎するかどうかを決めないといけないからなのだそうです・・・

正直、私がクアトロテストを受けるのは先生や助産師さんはあまり賛成ではなさそうな反応でした。助産師さんにはかなりどうして受けるのか・・ということを聞かれました(汗)

私は持病があるので、関係ないとは思っていましたが一応検査をしたいと思っていました。理由を話すと助産師さんも納得してくれたようでした。

やはり、年齢的に受けるのは珍しかったようです(汗)

 

費用について

検査の費用は医療機関によっても異なってくるそうですが、1万円〜2万円とのことです。

ちなみに私が受けた産院は2万円+消費税でした。

もし、その後の検査がさらに必要になってくるとまたお金がかかってきます。

 

検査結果はどのような形で出るのか?

検査結果は何分の何という形で出てきます。

 

私の場合はダウン症である確率は約1/8800

開放性二分脊椎がある確率は約1/12000

これい無能症などの開放性神経管奇形を含めた全体の確率は約1/6000

18トリソミーである確率は高くありません

 

との結果が紙面で検査機関から返ってきました。なので次の検査の必要はないとのことでした。だいたい10日〜2週間で検査結果が出ました。

 

検査結果が出たら・・・

受ける前によく説明されたのが

  • 検査結果はあくまでも確率!
  • 検査結果が1/8800でも、8800人に1人は疾患がある可能性がある
  • クアトロテストはリスクがない検査だが、もし次の検査が必要になった時は羊水検査になって、羊水検査にはリスクがある(流産のリスクがあるそうです・・・)

クアトロ検査で1/295以上の結果が出た場合は羊水検査になるそうです・・・

私の場合はありがたいことに再検査の必要が全くないとのことでした。

ダウン症の疑いなどはエコー検査で首の浮腫などからも判断できますが、やはり不安な気持ちはなくなりませんよね。不安をなくすことができるなら少しでもできることはしたおきたいですよね。

 

 

まとめ

検査の結果はあくまでも確率です。

でも、検査を受ける前から旦那とよく話をしていたのですがあなたはもし欲しくてしかたなかった自分の赤ちゃんに病気が見つかった時にどうしますか?

私は決断をすることができませんでした。これは人によるとはもちろん思います。

人の判断を他人がとやかく言う権利もないと思います。

これで子供を堕ろすという判断をするお母さんもいます。

でも、決して検査をしてその判断をしたということは妊娠も望んだお母さんだと思います。

少しでもみなさんが幸せな妊娠をできますように。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。