体験談

出産レポ②入院・陣痛編 この苦痛はいつまで続くの・・・?

出産レポ②

3つに記事を分けてるなんて・・・との声が聞こえて来そうです^^;

すみません・・・

最初から読まんでもいい‼って人はこちらから見てもらってもいいです♫

出産レポ③出産編

最初から見たい方はこちらから・・・

出産レポ①兆候編

 

こんにちわ!みさきです。ではいよいよ入院・陣痛編です╰(*´︶`*)╯

 

いよいよ入院‼

さて、前回の最後に入院の準備をして来てくださいと言われたので、休みを取ってくれた旦那とともにすぐに病院に向かいました。

(隣の市なので車で15分ぐらいの距離・・・)

車の中では結構な陣痛に耐えていました_:(´ཀ`」 ∠):この時点で8時半・・・

旦那「痛い?車停めようか?」

私「大丈夫・・・・・なので早く病院に連れて行ってください_:(´ཀ`」 ∠):」

確かに運転の振動で陣痛に拍車がかかりそうな感じに痛かったのですがとにかくこれが長く続く方が辛くて我慢するから早く病院に着いてくれとひたすら耐えていました・・_:(´ཀ`」 ∠):

 

9時

病院に着くとそのまま入院の階へ行き、そのまま陣痛室へ連れて行かれました。

助産師「とりあえず出産用の服(病院からもらう服・・破水で濡れないようになんかかさかさした生地)に着替えてNSTするね」

といわれて陣痛の合間に着替えて分娩台みたいな所に寝かされてモニターをつけました。

 

20分後・・・

助産師「確かに陣痛来てるね〜子宮口は・・・・まだ1センチだね・・もう少し時間かかるよ〜」

私「(この痛さでまだ1センチ!?)そーですか・・・_:(´ཀ`」 ∠):」

旦那「今日中には生まれますかね!?٩( ‘ω’ )و✨」

助産師「多分ね〜」

すでに若干死にかけている私とは裏腹に旦那はウキウキしておりました(笑)

この後旦那もボロボロになるとは知らずに・・・

 

 

 

陣痛からの破水

この後まだ時間がかかりそうだったので1度病室へ移されました。

もともと個室希望でしたが、まだ空きがないとのことでそれまで4人部屋に入りました。

でも誰もいなかったので大部屋に私だけしかいない状態・・・

それから旦那と合間におしゃべりしつつ、陣痛に耐えていました。

お昼ご飯も食べるのが辛く、旦那にこれから長いねんから食べなさいと言われつつ結局半分以上残しました。

そんなこんなで3時ごろ・・・・・

じゅわぁぁぁぁぁぁ・・・・・・Σ(‘◉⌓◉’)

はい。破水しました。

私「あき〜破水したかも・・・」

旦那「ほんまか!!助産師さんに言いなさい〜٩( ‘ω’ )و」

 

破水ってもっとわかりにくいか、パンって音がなってお漏らしみたいになるかと思ってました。

でも、いきなりじゅわーでした。もう、かなりわかりやすく。

それからまた朝に入った陣痛室に移動しました。

助産師「破水したかもしれない?ちょっと診てみるねー・・・・・・あら本当だね。じゃ、これからだから頑張ろうかー」

そしてまたNSTをつけました。

 

この頃から、仰向けが本当に辛い!!モニターの機械をつけるのにどうしても最初は仰向けにならないといけないんですけど、それが辛くてたまりませんでした。

基本的に自分からあまり頼みごととか要望なんかは言えないタイプなのですが(人見知りというか、引っ込み思案なもので(^_^;))

この時ばっかりは余裕がなさすぎて

「これって横を向いてもいいですか?_:(´ཀ`」 ∠):」

お願いしました。それからは長かったです・・・

 

だんだん強くなる陣痛・定期的に訪れる助産師さんと先生の内診などなど・・・

 

そのまま陣痛室で耐えていました。

 

途中で来てくれた義両親には顔を見せることもできずに、面会時間の最後に声をかけてくれたのに声だけでしか挨拶もできないぐらいでした・・・(出産時でも側にいることができるのは旦那だけという病院だったので・・・)

 

午前0時

先生「みさきさん〜大丈夫〜??頑張ってるねーかなりいい陣痛来てるからね〜ちょっと診てみるよ〜」

先生は男性の先生なのですが、妊娠の時からお世話になっていて柔らかい雰囲気の先生でした。

先生「ん〜子宮口は今5センチくらいかな〜?ゆっくりだけど確実に進んでるからね〜初産だし時間かかってるけど頑張って赤ちゃんに会おうね〜」

私「はい・・・_:(´ཀ`」 ∠):」

旦那「朝までに生まれますかね?」

先生「多分ね〜」

と先生は去って行きました。

旦那も痛がってる私を見て頑張って腰をさすったりお尻を押したりしてくれてました。

でも、まさかの私の強靭な子宮口は朝の9時まで6センチしか開きませんでした_:(´ཀ`」 ∠):

 

夜中に陣痛の合間に旦那がお産を進めるために私を歩かせたり、スクワットさせたりしていて、後から聞くと痛がってるみさきを歩かせたりスクワットさせるのは本当に辛かったそうです(笑)

でも、その時は陣痛が長すぎてお産が進まないことよりも痛いことに耐えられなくなっていて、旦那が私を歩かせようとするたびに「やだ」「やだ」と言いまくってました・・・

 

そして痛くて訳がわからないまま朝の9時・・・

自分の中の痛さのピークになってからすでに6時間ぐらい経っていて陣痛間隔は5分前後、陣痛が来るたびに暴言こそ吐いたりはしませんでしたが、

「痛い〜〜〜!!痛い〜〜!!」

と、声をあげて痛がってました(^_^;)痛みで声をあげたことなんてなかったので自分でも驚きでした・・・

 

先生「みさきさん大丈夫〜しんどいねー・・・頑張ってくれたけど、ここまで陣痛来てて子宮口6センチなんだけど進んでないんだよね・・・・どうする?医者としてはここまで来たら分娩停止ってことで帝王切開を勧めるんだけど・・・もうちょっと頑張って見みてもいいよ?」

 

流石にここまできたら、もう痛さから解放されたくてどうしようもなくて帝王切開の決断をしました。

一緒に頑張ってくれた旦那に立会いさせてあげられないのと、経膣で産んであげられない虚しさというか、悔しさなんかが一緒にやって来て旦那に「ごめんね」と謝りながら少し泣いてしまいました・・・。

旦那もうるうるしてた・・・(/ _ ; )

 

帝王切開が決まった後は、「すぐ始めるからね〜」と先生は去っていったにも関わらず、

 

先生「後ちょっとだけ頑張ってみようか〜11時になっても状況変わらなかったらすぐに手術始めるね〜」

私「今すぐして欲しいです・・・←痛いのが辛い・・・」

先生「ん〜後ちょっとだけね」

といってまた先生は去って行きました_:(´ཀ`」 ∠):

 

多分、先に帝王切開しないといけないか予約の妊婦さんがっぽい・・

 

せめて麻酔だけでもしていってくださぃぃぃぃ!!!←無茶

痛みからやっと解放されると思ったのにまさかの先延ばし・・・

 

でも、不思議なことに諦めたのが息子にも伝わったのか陣痛は遠のいて行きましたΣ(‘◉⌓◉’)

間隔も10分以上空き始め、痛さもピークよりは楽になっていきました。

まさかの合間に少しなら笑う余裕も出て来る始末・・

旦那と私はもうぐったりしすぎてて死んでました(笑)

合間に助産師さんたちが入れ替わりきて子宮口を確認するも、

帝王切開でいいからもう触らないでください!!痛くなる!!!怒

とか思ってました・・言えないけど・・・チキンだから・・・

それから11時近くなって同意書にサインしたり、剃毛したり・・・人生初めての手術が帝王切開になりました。

帝王切開を手術にカウントしていいかわかりませんが(汗)

 

 

 

 

ごめんなさい!長くなったので続きます‼

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。